ホーム » 未分類

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

カメラ買取り業者を利用するコツ

今はネットでカメラ買取ができるため、検索すればたくさんの業者が出てきます。しかし、対面取引とならないため、買い取りを依頼する側としては不安要素が大きいのも事実です。カメラを発送したら代金を振り込んでもらえない、買い取りを拒否したらカメラを返してくれない、断ったカメラが破損していたなどの問題です。大切に使ってきたカメラを売るわけですから、どの業者でもいいということにはならないでしょう。

信頼できるお店か判断するには、古物営業法を厳守しているかで判断できます。古物商の免許を持っていることはもちろんのこと、ネット取引の場合は住民票の写しが必要です。免許証のコピーだけで買い取りをしている業者は違法となるため注意してください。古物営業法を厳守しているお店は、多少手間はかかりますが、お店側にも買い取りをお願いする側にも安心感があるといえます。

また、買い取り業者が実際に存在しているのか確かめることも大切です。ネット店舗しか持たないお店だと、本当にそのお店が営業しているのかがわかりづらくなってしまいます。ネット専門の買い取り業者のほうが、店舗を持たずコスト削減が可能となり、その分を買取価格に還元しているところもあるため、一概に店舗が無いからといって悪徳業者とは限りません。ただし、安心面でいえば実店舗があり、目にできるほうがメリットが高くなります。

カメラ専門店での買取り

ニコンやキャノンのカメラを処分しようと考えているなら、買い取り価格が付くかカメラ専門店に見積もりを依頼してみましょう。カメラ専門店とは新品のカメラ、中古カメラ、カメラ用品、フィルムの現像、プリントサービスなどを幅広くおこなっているお店のことです。どの地域でも写真屋さんの1つや2つはあると思いますが、中古品の買い取りをしているのは街の写真屋さんより大型のお店のほうがやっている可能性があります。

もし近くに買い取りをやっている写真屋さんがなければ、大型のカメラ専門店をネットで探すのもおすすめです。今はどのお店でもネットで買い取りをしてくれるため、どの地域に住んでいても買い取りは可能となります。買い取りに必要な査定は無料のところを選べば、送料や梱包資材の費用もかかることがありません。買い取り業者の多くは、梱包キットを自宅まで送ってくれ、買い取り希望のカメラを詰めて送り返すことができます。その際の送料を負担してくれる業者もありますから、できるだけ手間や費用をかけたくない方は調べてみましょう。

カメラの中古品はニーズがあるため、カメラを欲しがる人が来る写真屋さんやカメラ専門店に売れば、お店も高く売ることができるのです。コンパクトカメラでも数千円、大型のもので数万円の価格が付くこともあります。

カメラの処分とカメラ買取り

ニコンやキャノンのカメラが古くなり新しい商品に買い換えるときなどには、古いカメラをどう処分するか迷うのではないでしょうか。壊れているなら捨てることも考えるかもしれませんが、まだまだ使えるカメラだと捨てるのには忍びないでしょう。

カメラを捨てる場合、お住まいの自治体で小型家電リサイクルの対象となっていないか確認する必要があります。自治体によっては、カメラのような小型家電製品を回収し、リサイクルにまわしているのです。家電製品のなかにはレアメタルなど貴重な資源が使われていることも多いため、捨ててしまう前にリサイクルできないか考えてみてください。ちなみにリサイクルとして回収できない地域では、燃えないゴミなどの扱いになります。

また、新しくカメラを買い換えた場合は、そのショップに下取りしてもらう方法もあります。下取りはリサイクルショップで買い取りが難しい古いもの、壊れたカメラなども回収してくれるメリットがあります。ただしリサイクルショップなどで買取価格が付くものは、下取りのほうが損してしまうこともあるのでよく考えることが大切です。なかにはカメラ専門の買取業者もありますから、使えるものはよく検討しておきましょう。

当サイトではカメラ買取サービスについて詳しく解説しており、処分してしまうのはもったいないカメラの対応がわかります。カメラ買取業者の特徴をよく理解しておけば、お店の下取りメリットが高い場合もあるため知識として取り入れてみましょう。