ホーム » 未分類 » カメラ買取り業者を利用するコツ

カメラ買取り業者を利用するコツ

今はネットでカメラ買取ができるため、検索すればたくさんの業者が出てきます。しかし、対面取引とならないため、買い取りを依頼する側としては不安要素が大きいのも事実です。カメラを発送したら代金を振り込んでもらえない、買い取りを拒否したらカメラを返してくれない、断ったカメラが破損していたなどの問題です。大切に使ってきたカメラを売るわけですから、どの業者でもいいということにはならないでしょう。

信頼できるお店か判断するには、古物営業法を厳守しているかで判断できます。古物商の免許を持っていることはもちろんのこと、ネット取引の場合は住民票の写しが必要です。免許証のコピーだけで買い取りをしている業者は違法となるため注意してください。古物営業法を厳守しているお店は、多少手間はかかりますが、お店側にも買い取りをお願いする側にも安心感があるといえます。

また、買い取り業者が実際に存在しているのか確かめることも大切です。ネット店舗しか持たないお店だと、本当にそのお店が営業しているのかがわかりづらくなってしまいます。ネット専門の買い取り業者のほうが、店舗を持たずコスト削減が可能となり、その分を買取価格に還元しているところもあるため、一概に店舗が無いからといって悪徳業者とは限りません。ただし、安心面でいえば実店舗があり、目にできるほうがメリットが高くなります。