ホーム » 未分類 » カメラの処分とカメラ買取り

カメラの処分とカメラ買取り

ニコンやキャノンのカメラが古くなり新しい商品に買い換えるときなどには、古いカメラをどう処分するか迷うのではないでしょうか。壊れているなら捨てることも考えるかもしれませんが、まだまだ使えるカメラだと捨てるのには忍びないでしょう。

カメラを捨てる場合、お住まいの自治体で小型家電リサイクルの対象となっていないか確認する必要があります。自治体によっては、カメラのような小型家電製品を回収し、リサイクルにまわしているのです。家電製品のなかにはレアメタルなど貴重な資源が使われていることも多いため、捨ててしまう前にリサイクルできないか考えてみてください。ちなみにリサイクルとして回収できない地域では、燃えないゴミなどの扱いになります。

また、新しくカメラを買い換えた場合は、そのショップに下取りしてもらう方法もあります。下取りはリサイクルショップで買い取りが難しい古いもの、壊れたカメラなども回収してくれるメリットがあります。ただしリサイクルショップなどで買取価格が付くものは、下取りのほうが損してしまうこともあるのでよく考えることが大切です。なかにはカメラを専門に買い取っている業者もありますから、使えるものはよく検討しておきましょう。

当サイトではカメラ買取サービスについて詳しく解説しており、処分してしまうのはもったいないカメラの対応がわかります。カメラ買取業者の特徴をよく理解しておけば、お店の下取りメリットが高い場合もあるため知識として取り入れてみましょう。